初めての方必見!リノベーションとリフォームの違いについて

初めて住宅の改修をされる方は、よく聞く「リノベーション」と「リフォーム」の違いがよく分からないといった方が多いようです。

そこで今回は、初めての方向けにリノベーションとリフォームの違いについて紹介します。

 

リノベーションとリフォームの違い

リノベーションとリフォームに明確な定義はありません。ただ、一般的には、間取りの仕切りなどを取り払うなどの大規模な施工を行うことで住宅を一新し、価値を生み出すことをリノベーションと言い、住宅の原状回復をするための修繕や改修など部分的な施行のことをリフォームと言うのが一般的です。

 

例えば、もともと二部屋あった子ども部屋の壁を打ち払い間取りを変え、一つの大きな部屋を作りたい場合はリノベーションを利用します。一方、老朽化した水回りや外壁などを新しい設備に交換したり、新しい塗料で塗り替えたりといった修繕を目的とするような場合はリフォームを利用します。

 

戸建住宅だけでなくマンションもOK!リノベーションのメリットとは?

「リノベーション」は、部屋にもともとあったものを取り壊して間取りを変更したり、古くなった住宅の床を取ってフローリングにしたりと大規模な工事をして住まいを一新させることを指します。壁や床、それに天井などをすべて取り払った状態にした上で工事を行うことから、これまでの住宅とは全く雰囲気の異なる住宅に作り変えることができます。

 

リノベーションのメリットとは?

リノベーションをするメリット、それは「自由に設計ができる」ということです。既存の住宅を大規模に改装することができるリノベーションの場合、壁を取り払って間取りを変更するといったことも可能なので、自分好みの間取りや設備になるようにカスタマイズできる自由さが何よりもの魅力です。

また、リノベーションを利用することで老朽化した住宅を新築のように作り替え、新しく住人となられる方が住みやすいように環境を整えることができます。

 

マンションのリノベーションOK

リノベーションができる住宅は何も戸建住宅だけではありません。住みにくさや使い勝手の悪さを感じているマンションの部屋にも、戸建住宅と同様にリノベーションを実施することができます。

例えば、マンションの場合は戸建住宅に比べて部屋数が限られていたり、収納スペースの少なさに不便さを感じたり、ということが多いようです。こういった問題や悩みを解決できるのがリノベーションであり、必要のない壁を取り払ってスペースを広くしたり、収納スペースとして活用したりといった使い方ができるようになります。

 

 

リノベーションのことならお見積り・ご相談無料の大谷工務店へ

東京都内にお住まいでリノベーションを検討中の方は、お見積りやご相談が無料の「大谷工務店」へ!大規模な施工が必要になるリノベーションはもちろん、部分的なリフォームや住宅メンテンナンスなど、住まいに関する細かい作業も快くご対応致します。

 

住宅はもちろん店舗に対応のリノベーション

リノベーションは、戸建住宅やマンションといった住宅を大規模な改修工事によって一新させることができますが、その他にも老朽化した古民家をカフェや飲食店などの店舗として使えるように改修できるのもリノベーションならではの魅力です。

最近は、長いあいだ誰も暮らしていなかった古民家にリノベーションを実施することで空き家をなくし、レンタルスペースとして活用するケースが増えています。リノベーションの場合、これまでの間取りを取り払って全く異なるデザインにするなど、思い切った改修ができることから、古民家のレトロな雰囲気にモダンな設備を加えることで新たな和の空間を作り上げることができます。

 

資源保護につながるリノベーション

「資源保護につながる」といった理由から、老朽化した古民家をリノベーションするケースが増えています。昔ながらの古民家の場合、経年劣化により老朽化が進んではいますが、それでも中には樹齢100年以上の木材が使用されている建物も多くあります。古民家の柱や梁などを残して一新できるリノベーションであれば、そういった希少価値の高い木材を後世に残すことができますし、木材を再利用することで必要以上に新たな木を伐採する必要がなくなるので、自然と環境保全に貢献できるといったメリットがあります。

  

リフォームよりもリノベーションを利用した方がいいケースとは?

リノベーションにするか、リフォームにするかは基本的に予算や目的に合わせて使い分ける必要があります。ただ、次のようなケースではリフォームよりもリノベーションを利用した方がいいケースと言われています。

例えば、余った空間を有効活用したいといった場合は、間取りを一新できるリノベーションの方がリフォームよりも自由にデザインでき、こだわりを実現できるといったメリットがあります。

 

そのため、お子さんが独立して夫婦二人だけの生活になったことから、子ども部屋の壁を取り払って寝室をより広くしたい、あるいは老後のことを考えてなるべく壁は取り払って完全なバリアフリーにしたいといった時は、大規模なリノベーションに対応している工務店に依頼した方がいいでしょう。