【初めての方向け】リフォームをするなら目的を明確にしよう!

老朽化した住まいを新築であった頃のように改修することを「リフォーム」と言います。また、購入した中古の住まいをリフォームによって住める状態にまで修繕することもリフォームにあたります。このように修繕を目的にリフォームをしますが、どの部分をどのようにリフォームするのかはご家庭によってさまざまです。そのため、家族全員が納得のいくリフォームをしようと思ったら、「リフォームの目的を明確にする」ということが大切です。

 

リフォームの目的とは?

リフォームをする目的として多いのが、老朽化に伴う設備の故障や傷みなどを直すためのリフォームや、使いづらいと感じている収納やキッチンなどの設備を見直すリフォームです。今まさに不便に感じている部分だけを集中的に改修することで、費用を最小限に抑えることができます。

また、生活の質を向上させるために「あったら良いな」と思う設備を加えるリフォームもあります。例えば、より安心して暮らすために強度や耐久性に優れた住まいになるようにリフォームしたり、家族構成に合わせてバリアフリーを設けたりと、これまでになかった設備や価値を住まいに加えます。

 

リフォームをする目的は住まいの数だけ存在します。そのため、事前にご家庭でしっかり話し合いをした上でリフォームの目的を明確にしておくことで、実際にリフォーム工事をする工務店との話し合いなどもスムーズに進めることができますし、後々のトラブルを未然に防ぐといった効果も期待できます。

 

 

リフォームって何?

リフォームとは、経年劣化により古くなった住まいや不便に感じている設備などを新築のように、あるいは住める状態に復元する改修作業のことを言います。生活する中であったらいいと思う設備の設置や、老朽化した設備と新しい設備とを付け替えるといった作業もリフォームにあたります。

 

リフォームの範囲は?

一口にリフォームと言っても「水回りのリフォーム」や「屋根や外壁の修理」、「クロスの張替え」、「内装設備の取り換え」、あるいは「住まい全体のまるごとリフォーム」など、リフォームの範囲はご家庭によって様々です。

そのため、リフォームをすることで生活をより快適にしようと思ったら、どの部分のリフォームを優先すべきかを見極めることが重要です。リフォームの種類はたくさんありますが、その中でもお風呂場やトイレなど水回りのリフォームは優先度が高く、その次に家全体のまるごとリフォームや屋根・外壁のリフォームを優先される方が多いです。

 

東京都内にある家やマンションをリフォームしようと考えている方は、小平市の【大谷工務店】に一度ご相談ください。リフォームによる住宅のメンテンナンスはもちろん、扉の建付けや戸車交換、オーダー家具、注文家具、ガラスフィルムやダイノックシートの貼り付けなど、住まいに関する細かなご要望も丁寧にご対応致します。

 

リフォームにかかる期間は?

リフォームを検討されている方の中には、「リフォームにかかる期間」を気にされている方が多いようです。そこで今回は、リフォームにかかる工事期間の目安について紹介します。

 

リフォームにかかる期間はどのくらい?

リフォームの工事期間は、リフォームの目的や工事の種類などによって大きく異なります。例えば、リフォームの目的に多い水回りの工事であれば、早くて3日、長ければ1週間以上かかる場合もあります。一方、洗面台や給湯器の交換であれば、設置場所によっては半日から2,3日で工事が終わることもあります。一方、屋根や外壁をリフォームする場合は、雨による影響なども関係することから、通常は10日から2週間ほどかかるのが目安とされています。

 

リフォーム期間で悩む前に工務店に相談!

お仕事をされている方や外出されることが多い方の中には、「リフォームをしたいけど作業に時間がかかりそうで不安…」と思われている方が多いのではないでしょうか。リフォームの工事にかかる期間は作業内容などによって大きく異なります。ただ、リフォームにかかる工事期間で悩み、長くかかりそうだと諦めてしまう前に、まずは専門の業者に「相談」されることをおすすめします。

東京都小平市にある「大谷工務店」は、リフォームをはじめとした住まいに関する様々なお悩みに対応している工務店です。相談はもちろん、見積りも無料なので、リフォームにかかる工事期間の目安など、気になることがあればぜひ「大谷工務店」に相談くださいませ。

 

 

自宅をリフォームするならいつがベスト?

家やマンションに暮らしていて今は困っていることや不便に感じていることがなくても、知らないところでは確実に老朽化が進んでいます。そのため、築10年から築15年を過ぎた頃から徐々に、リフォームの必要性を感じられている方が多いようです。

 

自宅のリフォームが必要なのはいつから?

普段の生活の中で、老朽化を感じている部分や長年不便に感じている設備などがあれば、さらに悪化してしまう前にリフォームをされることをおすすめします。ただし、今はまだ特に大きな問題が発生していない場合はいつリフォームをしたら良いのかと悩まれる方も多いはずです。

リフォームの時期や実施に関する明確な基準や決まりはありません。そのため、リフォームをするタイミングはご家庭によって様々であり、何をきっかけにリフォームを考えるかも人ぞれぞれです。とはいえ、どういった住まいも確実に老朽化は進んでいるので、リフォームが必要になる目安の時期を知っておけば、いざという時に慌てる心配なくリフォームの準備を進めることができます。

例えば、住まいの中で最も老朽化が早いとされるのが、「水回り」に関する部分です。キッチンや浴室、洗面台、トイレなどの水回りは、築10年から築15年ほどで不具合が出始めると言われています。また、大規模な修繕工事が必要になる外壁や屋根なども築10年から築20年、早い場合は築5年ほどでの塗装や張り替えなどのリフォームが必要とされています。

 

老朽化による不具合などが生じたことをきっかけにリフォームをする場合も多いですが、いざという時に慌てることなくリフォームを実施できるようにするためには、今後の状況をある程度予測しながら計画的にリフォームを行うことが大切です。

 

 

住宅のリフォームにかかる費用の目安は無料見積もりで確認!

外壁に小さなヒビが入ってきて気になる、浴室やトイレなどの水回りの設備が老朽化してきたから新しいものに取り替えたいなど、リフォームを考え始めた方の多くが真っ先に考えること、それが家のリフォームにかかる「費用」に関することです。

 

リフォームの目的や工事内容はご家庭によって異なりますし、どの業者にリフォームの工事を依頼するかによってもリフォームにかかる費用は大きく異なります。そこでまずは、リフォームを実施する上でどのくらいの費用がかかるのかを知るために、リフォームの依頼を受け付けている業者に相談して「見積もり」を作成してもらいましょう。

リフォームしたい内容に対してどのくらい費用がかかるのかが分かれば、徐々に準備を進めることができますし、場合によっては予算内に費用を抑えられて早急にリフォーム工事を開始することができます。

 

尚、見積もりを依頼する業者との打ち合わせをよりスムーズに進めるには、あらかじめご家庭でよく話し合いリフォームの目的や予算などを明確に決めておくことが大切です。目的や予算などが決まっていれば、リフォームをする上での理想やイメージを業者に伝えやすくなりますし、必要以上の費用をかけることなく優先すべき部分だけを効率よくリフォームすることができます。

 

 

東京都内にお住まいの方でリフォームを検討中の方は、東京都小平市にある工務店【大谷工務店】にぜひ一度相談ください。ご相談内容をもとに、リフォームの目的や予算などに合った最適な提案や見積もりをご提案致します。

【いざという時に困らないように】バリアフリーにするべき箇所とは?

子どもが独立して夫婦二人だけの生活になったときに、より快適で安全に暮らせるように住まいの「バリアフリー」化を検討中の方も多いのではないでしょうか。

年齢を重ねるとちょっとした段差に不便を感じるようになるので、いざという時に困ることがないように、早い段階からバリアフリーを意識したリフォームの実施を計画させることをおすすめします。

 

リフォームでバリアフリーにするべき箇所について

バリアフリーに対応した住宅とは、高齢者が安心、快適に生活できるように工夫が施された住宅のことです。段差が多い住宅の場合、移動の際に段差に足をひっかけて転倒の恐れがあったり、車椅子生活を送る人が上手く移動できなかったりと、ちょっとした段差が大きな問題に発展する恐れがあります。そのため、こういった住宅の問題を解決させようと思ったら、バリアフリーリフォームを実施して床の段差を解消し、障害物を取り払う必要があります。

また、廊下や玄関などは移動をしたり、靴を脱いだり履いたりすることから、普段よりもバランスを崩しやすく転倒の恐れが高まります。そのため、リフォームを実施してバリアフリー化をする際は、使用する人の動きや手の置き場などをイメージした上で必要な場所に手すりをつけることが重要です。

段差の解消や手すりの設置の他、浴室や洗面所、トイレなどの水回りのリフォームなどバリアフリーにするためのリフォームの種類は色々とあるので、優先順位を決めて状況や必要に応じたリフォームを実施しましょう。

 

 

バリアフリーリフォームのタイミングは?

バリアフリー化の重要性が分かっていても「いつどのタイミングでリフォームすれば良いのか?」と悩まれている方も多いようです。ここでは、バリアフリーリフォームの必要性を感じているけど、実際にいつリフォームをしたら良いか分からないという方向けに、バリアフリーリフォームをおすすめするタイミングを紹介します。

 

子どもが独立して夫婦二人になった時

バリアフリーリフォームを実施するタイミングの一つが、「子どもが独立して夫婦二人になった時」です。50代くらいで経済的にも体力的にもある程度余裕がある状態のときにバリアフリーリフォームをしておけば、いざという時でも焦ることなく快適な老後を過ごすことができます。

 

新しい家族が増える前

「新しい家族が増える前」もバリアフリーリフォームを考える絶好のタイミングの一つです。バリアフリーに対応している住まいは高齢者向きですが、それと同時に小さな子どもにとっても安全な住まいといえます。例えば、リフォームによって段差がないフラットな床にしたり、階段の傾斜を緩くしたりと工夫すれば、小さな子どもが誤って転倒する危険性を未然に防ぐことができます。

 

 

「バリアフリーリフォーム」は、高齢者の住宅に限らず、将来の必要性を見据えて家族みんなが安全で快適に暮らせる住まいにするためにも大切なことです。今現在、将来を見据えてバリアフリーリフォームをお考えの方は、東京都小平市にある工務店「大谷工務店」にぜひご相談ください。